人気の青汁

青汁とは

「青汁」を飲んだことがありますか?最近では多くの種類の青汁が販売されており、みなさんもテレビや店頭で目にすることがあるのではないでしょうか。このように一般的になる前の青汁は、健康に強く関心をもつ一部の人たちや九州地方で飲まれていました。その味や匂いの強さから決しておいしいものではなく、バラエティ番組の罰ゲーム等として使われるようになったことをきっかけに全国に広まりました。現代では品質改良がすすみ、種類も増えたため味も受け入れられるようになり、飲み方も多様化しています。

また、最近の健康ブームによって青汁を飲む人も増え、病院療養食やペットのえさとしてなど広く利用されるようになりました。現代社会では日本人のほとんどが慢性的な野菜不足と言われています。青汁は野菜不足を補うための食品として注目を集めています。一般的な青汁にはケール・明日葉・大麦若葉などが含まれており、これらはどれも栄養豊富ですが、即効性はありません。長期間飲み続けることによってゆっくりと体調が良くなり、体質が改善されていきます。

青汁は粉末が多いですが、錠剤、冷凍など様々なタイプがあり、飲み方も水に溶かすだけでなく牛乳、豆乳、料理やおかしに混ぜるなど様々な方法があります。飲むタイミングも大切で、空腹時や朝起きてから飲むと吸収率が高くなるといわれています。大切なことは青汁を飲んでいるからといってそれだけに頼りすぎないことです。バランスの良い食生活を心がけ、それでも不足した部分を青汁で補うようにしましょう。

 
 

ページタイトル サイトマップ